こうしてステップメールに上手くなる

ステップメールを使うことで、送り先であるお客さんに指定の商品を購入してもらうことが可能となります。そのためには、相手に商品を購入するという行動へ移してもらい、メールで記載する文章によって行動するかしないかが決まります。良い文章を書くためには何度も書いては添削し、より良い文章へと進化させなければなりません。また、受け手がそのメールを見た時にどう感じるかを考え、試験的に利用すると良いです。いきなりメールを使って商品購入を狙うのではなく、相手がどう感じるのか、どう行動するのかを確認し、それを本来の目的である商品購入へと繋げる糧にしましょう。何度もチェックすることで、良いメールは生まれるので、失敗を前向きに捉え、研究を重ねることが優先となります。

メールは読んで理解してもらう必要がある

ステップメールを上手く使うためには、まずはお客さんについて考える必要があります。お客さんがメールを読むなら何時なのか、どのタイミングなら読むのかを考えます。それをもとに送信時間を設定し、高い確率でメールをチェックしてもらえる状態を作ります。次に、思わず読みたくなるようなメールを表現するために、タイトル(件名)を工夫すると良いでしょう。『何これ?』と思われるようにすれば、内容がどうであれ、ほぼ確実に内容をチェックしてくれます。この2点にこだわることで、無視されることはまずありません。後は内容を理解してもらうために、メールを読みやすく編集すると良いです。何行も詰めて書くのではなく、空行を挟み、ストレスなく読んでもらうように工夫しましょう。また、読みづらくならないように文章の改行に気を使い、スムーズに読んでもらえるような文章を作成することが重要です。

お客さんの心を揺さぶる言葉を組み込む

ステップメールにおいて重要な役割は、お客さんに商品を購入してもらうことです。そのためには、ただ商品を売り込むだけでは意味がなく、売上げに繋がらないメールとなります。だから、お客さんの心を揺さぶり、行動してもらうための言葉を選ぶことが重要です。お客さんが商品に価値をもたせるためには、限定であること、数が少ないことを積極的にアピールすることで、購入してもらえる可能性を高められます。それを何日もかけてメールし、その詳細を少しずつ明かすことでお客さんの気持ちが高ぶっていきます。待ちきれない状態が理想的なので、お客さんが『まだなの?』と返信したくなるようなステップメールを目指すと良いでしょう。リアリティを出すために、返信メールが殺到していること、具体的な数などを示すことで信憑性が高まります。