こうすればステップメールを上手く操れる

ステップメールを上手く操るには、送信相手を絞込み、その人に合わせたメールを作成すると良いです。言葉遣いや興味を引くワード、どういう情報を欲しがっているのかを考えることで、効果のあるメールを送ることができ、売上げアップに繋げることができます。何を送れば良いか分からない場合は、試験的に送信し、反応をチェックすると良いでしょう。例えば、メールの件名(タイトル)をどうすれば開封率が高くなるのか、どういう誘導でリンクをクリックしてくれるのかを検証し、最も効果のある文面、ワードを調べます。この検証を繰り返すことで少しずつ良質なメールを生み出すことができ、相手を思い通りに行動させることができるでしょう。注意として、売上げアップにこだわるあまり、強いセールスメールにならないよう考えることが大切です。

いつ・どんなメールを送るかを計画する

ステップメールで重要なのは、それぞれのメールに意味があることです。1通目にお知らせ・ニュースを記載し、2通目に今回紹介する情報の内容を少し紹介、というように役目を持たせなければなりません。メールを送る度に相手の気持ちや期待感が高くなっていくことが理想的で、相手が冷めないうちに売り込むことが必要です。だから、タイミングが重要であり、中途半端に売り込みをしないように注意しましょう。何より重要なことは、相手にメールを読んでもらう必要があるので、その相手がメールをチェックする時間帯を考えなければなりません。世間一般的には、夜が最も使用頻度が高いので、その時間帯を狙うと良いでしょう。前もって『今度はいつメールするか』を毎回記載しておけば、相手にワクワク感を与えることもできるので、内容だけでなく、メールの告知も組み込むことが重要です。

ステップメールで相手をコントロールする

ステップメールによって売上げをアップさせるには、相手をコントロールすることが必要です。コントロールするには文章能力だけで勝負するしかないので、言葉遣いや表現方法に気を使いましょう。そして、長過ぎず短過ぎない文章にし、なおかつ読むストレスがないように見やすく編集しなければなりません。これができたら、後は『限定』というワードを入れて希少性をアピールします。即決してもらうために、サービスや特定を無料で提供すると良いです。『その日限りの無料提供』としておけば、後で決断した場合は損することを意味するため、即決させることができます。このように、言葉によって、いくらでも相手をコントロールすることができるので、相手を煽りつつ決断を手助けしましょう。注意として、誤字脱字をしてしまうと、集中力が欠けてしまい、相手の気持ちが冷める可能性があるので、見直しすることを忘れてはいけません。