ステップメールを上手く使いこなそう

ある商品情報を告知し、それをお客さんに購入してもらうためにメールを使うと良いです。ですが、いきなり告知メールを送っても、ただの売り込みになってしまうため、購入してもらえる可能性が高くなります。それでは意味がないので、より高い確率で購入してもらうためにステップメールを利用することがオススメです。これを利用することで、お客さんの気持ちや期待感を高ぶらせることができます、感情がピークに達した時点で商品情報を告知すれば、多くの購入者数を獲得することができ、複数のメールだけで売上げを伸ばす結果になるでしょう。このように、お客さんの気持ちを高ぶらせるように間を空けることが大切で、しつこさを与えないことが重要です。そして、受信することが楽しみだとお客さんに思わせましょう。

ステップメールを利用する場合の注意点

商品情報を告知する場合、段階的に情報を提供することがポイントとなります。予定としてまずは発表し、それがいつ発売なのか、いつからスタートするのかを少しずつメールで明かしていくことで、商品を購入してもらえます。注意しなければならないことは、相手の感情を高ぶらせるようにメールを送信しなければならないことです。そして、お客さんが高ぶった感情をキープできるように、何日もかけてメールを送信することが必要です。途中でリズムを崩す、メール送信に失敗してしまう等によって成功率が下がってしまい、商品を予定よりも購入してもらえない可能性が高くなるので注意しましょう。また、お客さんがメールをチェックする時間帯を考え、それに合わせて送信することがポイントとなります。読んでもらわなければ意味がないので、読んでもらえる可能性を少しでも高くするように考えることが必要です。

感情を高ぶらせるようなコピーライティングが必須

ステップメールでメインとなる武器が文章になります。この文章の書き方1つで売上げが大きく変わるので、内容だけでなく、書き方や見せ方を考えましょう。つまり、コピーライティングに力を入れることで効果が高くなり、商品告知メールが待ちきれない状態になります。例えば、限定情報や特別案内と記載するだけで価値が生まれ、読む意味を与えることができます。また、紹介する商品について、限定数であることや他では手に入らないことを紹介すれば、希少性が生まれ、お客さんの欲を強めることができます。人間は限定や希少価値に弱く、手に入れる喜びを欲します。それをステップメールに組み込むことで、何が何でも購入してやると思わせることができるでしょう。注意として、誤字脱字があると気持ちが冷めてしまう恐れがあるので、作成した後はよく見直ししてミスをなくす必要があります。